2009年11月25日

ニコニコをDisってDisられるエントリ4

※この内容は推論に推論を重ねてる単なる妄想ですので、なんの参考にもなりません。

ニコニコ動画の収入にはアフィリエイトとなってるものがあります。
ニコニコ市場の売上の数パーセントがもらえるものです。
ニコニコ動画の売上の全体のうち、この割合は少ないのですが、利益率はかなり高いと考えてます。
システムの運用コストがかなり低いはず。
ニコニコ市場のCMを作ったりして余計なコストをかけなければですが。

CMやシステムの新機能でなくても、ページデザインやレイアウトの変更で、売上はかなり変わります。
スーパーの売上は、売り場のレイアウトでかなり変わるのです。ユーザーの導線を作り、皆が頻繁に買う肉とか魚、野菜、卵などをスムーズに回れるようにし、その中間に買ってもらいたい利益の高い商品をポップ付きで置くのです。そうしてその人の目的外の物も買って貰う。
また、棚のどの高さにどの商品を置くかでも、売れ行きは左右されます。
ニコニコ市場だって、レイアウトでだいぶ差が出るでしょう。

ロングテールと言う販売モデルがあります。

余り数が売れない商品(これをテール、売れ筋商品をヘッド)数多く集め(ロング)売る販売モデル。在庫を保管するコストが少ないネットショップなどだと、少ししか需要がない商品でも、塵も積もればバカにならない売上になるという話。

ニコニコ市場に商品の掲載をする棚の制限は無いのです。で、商品を置いておくスペースはサーバ1台に収まるデータ量でしょう。(アクセス数対策で複数サーバは必要になるでしょうが)
ロングテールなんです。

そして、何と言っても、画期的なソーシャルターゲティング広告なのですよ。ニコニコ市場は。
動画の内容に一致した商品をユーザーがただで付けてくれる。
精度はある程度保証されるし、機械のオススメとは違った視点で商品を取り出してくれる。
その時期の流行だって取り入れてくれる。
元々、動画の内容を解析して商品を薦めるなんて、かなり大変ですよ。


残りの収入はニコニコポイントです。
ニコニ広告は、これもコストかからず、利益率高くて良いのですが、私としては気になる点が。
その点の詳しくは次回で。

コンテンツはユーザーに作ってもらうか、既存にあるサービスを利用する。CMもユーザーにしてもらう。
これが利益を出す方法だと思います。
ニコニコはユーザーがコンテンツをアップしやすい、宣伝しやすい、視聴しやすい、コメントしやすい環境を用意する。
ニコニコ動画の為だけに、売るコンテンツ作ったり、CMを作ったりしたらダメですね。

奇抜な機能を開発するのを抑えるのはダメでしょう。それがニコニコ動画の売りの一つなんですから。

開発費、設備投資、運営費をプレミアム会費、広告収入でちょんちょんにする位で、アフィリエイトとニコニコポイントで黒字分を稼ぐぐらいがいいバランスでしょう。

関連記事:
ニコニコをDisってDisられるエントリ1
ニコニコをDisってDisられるエントリ2
ニコニコをDisってDisられるエントリ3
posted by てんじゃ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。