2010年09月22日

バンナム、大逆転のシナリオ

深夜に変なこと思いついた。
寝れないので記事にして置く。

アイドルマスター開発陣が、アイマス2のこの仕様で反発がないと思っていたのだろうか...?
反発の規模を甘く見ていた?

...........。

......アイドルマスターの続編にあたるゲームタイトルが1本だけでなかったとしたら?

斬新な切り口のタイトル
既存の焼き直し的なタイトル
ストーリー重視のタイトル

複数のタイトルを立て続けに出す準備をしていたとしたら.....?
それぞれ、DLCを準備していたら?それぞれに連動してCDを出す準備をしていたら?

いや、そんなに同時に商品を出したらお金の流れが分散して、お互いを食い合うだろう。
と、言いたい所だが、これはアイマスだ。
アイマスPは搾取されるマシーンだ。否定する要素が無ければ買うだろう。
食い合うどころか、相乗効果で売上げが上がりそうだ。
アイドルマスターSPは、それぞれ7万本くらい売れたんじゃなかったのだろうか。それぞれの売上げ本数の差が1万本無かったような?
アイマスは出せば出すほど売れるという判断?

いや、だとしたら宣伝効果の大きいTGSで発表しないと言う選択は無いだろう。
炎上マーケティング?
いや、会社としての選択でそれは無いだろう。
そこまで腹をくくった戦略を選択できるわけが無い。


うん、やはりこれは、妄想だ。実効性の無い戯言に過ぎんな。
タグ:アイマス
posted by てんじゃ at 04:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163372640
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。